小夏みかんカテゴリの記事一覧

小夏みかんについて

“小夏(こなつ)みかん”って知っていますか?

日向夏とも、ニューサマーオレンジとも紹介されている、今からの時期美味しい!独特の食べ方をするカンキツです。

以下、説明します。

日向夏(ひゅうがなつ) :学名 Citrus tamurana hort. ex T.Tanaka

起源:

原産地は宮崎県で、1820年に宮崎市の真方安太郎の邸内で偶発実生として自生しているのが発見されました。

発見時には酸味が強く、食べられることはなかったのですが、その後に広く栽培され始め品質改良が進みました。

現在では、宮崎県以外(高知県、愛媛県、熊本県など)でも栽培されています。

宮崎県以外では、小夏(こなつ)や土佐小夏(とさこなつ)、ニューサマーオレンジと言う別称で出荷されています。

特徴:

日向夏は、ゆずが突然変異したものと考えられています。

果実は温州みかんよりやや大きく、表皮は黄色で厚さがあり、でこぼこが少なくのっぺりとしています。

果肉は酸味・甘みが適度にあり、独特の風味が強い。

どちらかと言えば、グレープフルーツやレモンの味に近い。

尚、他のカンキツ類とは違い、果実の表皮における白い部分(内果皮:アルペド)もそのまま食べられます。

この白い部分は、ふかふかとした食感があり、苦味や渋みがなく、逆に甘みがあるのです。

そこで、皮の黄色い表面(外果皮)だけを薄く剥いで、全体をナイフでスライスして食べるのがお勧め。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。