『南津海(なつみ)』について

『南津海(なつみ)』という名前は、“夏”に食べる“みかん”と言う意味で付けられた名前です。

徐々に生産量が増えてきていますが、まだまだ一般的にはなっていない幻の愛媛みかんです。

『南津海(なつみ)』は、
カラーマンダリン×ぽんかん(吉浦)の交配により誕生。

ちなみに、『カラーマンダリン』は、
尾張温州みかん×キングマンダリン(地中海産)の交配により誕生。

糖は高いけれど酸も強い『カラーマンダリン』に、『ぽんかん(吉浦)』を交配してみようというアイデアから生まれました。

しかも、4,5月まで木成り完熟させて始めて酸が抜ける“超おそて”のみかんです。

つまり、4,5月に摘み取られて市場に出てくる甘いみかんの最終品種というわけです。

愛媛みかんの特産地『宇和島』産は、糖度18度あり、めちゃ甘。

『ハウスみかん』でも、こんなに高い糖度はありえません!

夏に、あま〜いみかんを食べたければ、このみかんになりますね。
この記事へのコメント
クリックすると不思議なことが。。。
Posted by 不思議な画像 at 2010年04月13日 18:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40432440

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。