伊予柑の種類

宮内伊予柑

(イ) 宮内伊予柑(みやうちいよかん)

昭和30年に松山市平田町の宮内義正の園で発見された枝変わりで、現在生産品種の主流になっている。

偶発実生。果実は大果で、果形はやや扁平。果面は赤橙色で柔軟多汁で、無核果も多い。

熟期は1〜3月。


 
大谷伊予柑


(ロ) 大谷伊予柑(おおたにいよかん)

大谷イヨカンも大谷園で発見された宮内イヨカンの枝変わり。
吉田町原産。

果面は極めてなめらかでよく締まり光沢がある。

イヨカン特有の香りはやや少ない。

大谷伊予柑(通称:ダイヤオレンジ)は、その美しさから一時ブームになったけれども、生産管理の難しさから今は下火。

秋口にほんのり色着いた頃1,2週間の間に袋掛けする必要があり、袋掛けが早ければ色着きがわるくなり、遅くなると日焼けして果皮が硬く荒くなる。

しかし、宇和島市よりまだ南の御荘町の御荘湾に面した山の斜面は生育に最も適した地域に当り、この場所で生産される大谷伊予柑の味は最上級である。 

他に、勝山・山田・野本などの枝変わり品種がある。
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月26日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30806865

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。