伊予柑について

伊予柑 
   学名:Citrus iyo Hort. eX TANAKA

発生の起源は不明であるが、タンゴールに類するものと推察されている。

明治19年(1887年)に山口県阿武郡東分村の中村正路の園で発見された。

明治22年愛媛県松山市持田の三好保徳が、山口県から苗木を購入してみずから増殖普及に力を注ぎ、今日のイヨカン生産の礎を築いた。
 
初めは伊予みかんと呼ばれていたが、愛媛県産温州みかんとの混同を避けるため、昭和5年に伊予柑と改められ、愛媛県の特産物になった。

耐寒性は雑カン類の中では強いほうに属するが、風土に対する適応性は狭く、しかもその適不適が品質を大きく左右するので、恵まれた地域の特産物的種類といえる。 

果肉の色は赤橙色で濃く、肉質は柔らかく多汁で甘酸相和し、芳香があって風味がよい。 

果実は大果で果形はやや扁平。熟期は1〜3月。

しかし、近年多汁を嫌われることが多くなり、完熟させて収穫・販売するように変わってきている。
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月26日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。